& SM調教 本当のところ SM
無料
エロ
動画

心の声

2011.01.31 Mon

ずいぶんとブログを更新できませんでした。

コメント・メール頂いた方、お返事できず申し訳ありませんでした。

今年もゆっくりペースですが更新していければと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。



さて、

最近よく考えることがあります。

それは心の声について・。



心の声とは、本当の気持ちという意味です。

自分の心の声に正直になることは、案外難しいことです。



心の声が分かっていても、
現実的な問題があり、その通りに行かない場合もあります。

逆に自分が何を求めていて何がしたいのかわからない場合もあります。



これは調教に限らず、人間誰しも経験することかもしれませんね。

プライドが邪魔して素直になれない、など、シンプルな例でしょう。

過去の経験から強制的に思いこんでいる自分の考え方。

それに邪魔をされ、本心に気がつかない場合もあります。

私自身も、本当の気持ちを分かっていて違う行動をしてしまうことがあります。




自分の気持ちに正直でない状態とは無理がある状態です。

自分に嘘をついていると大変苦しい毎日を送っているかもしれません。

それは日常生活という現実に紛れて無視されている場合もあります。

気がつかないふりをしているかもしれません。

問題に薄々気がつきながらも自分ではどうすることができず、
知らず知らずのうちに、心が傷ついている事もあります。



SMでは奴隷の本当の心内を理解することが、かなり重要になります。

でなければ支配などできません。


自分の本当の気持ちを認識し、なおかつそれを表現できるM女性であれば問題はないのですが、

心内を表現することが不得手なことはよくあることです。

真反対の事を私に言ってみたり、

羞恥心や主人に嫌われたら困るという理由からそれを口にすることを躊躇っていることもあります。


もし貴女が主人に心を見透かされていると感じるとき、

それは恥ずかしい欲求を見通されているだけではないことを覚えておいて下さい。

貴女がMであるのは、それなりの理由があるのです。

それは心の声に関係することが多いように思えます。



心の声を大切にできるような調教をしていきたいものです。




さまざまなSMリンク集です FC2 Blog Ranking

ページトップへ戻る
















  1. 2011/01/31(月) 00:15:22|
  2. SM|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5

おあずけ

2010.10.03 Sun



深く腰掛ける私の前には、全裸の奴隷があった。



奴隷に奉仕をさせようかという風に頭を掴み、
こちらに引き寄せる。


性器に鼻先が触れるか触れないか。

匂いを感じ取ったのか奴隷は、
何かを期待したような恍惚とした表情をうかべ、私を仰ぎ見る。

そして首をすこしだけ傾げる。

もちろん、私が命ずるまで舌を伸ばすことはしない。

だが、私は気が変わったかのように、掴んだ頭を元の位置に戻し
微笑む。

お預けをくらったような、自分の心を見透かされたような行為に、
奴隷は羞恥心を覚えたのか複雑な表情を奴隷は見せる。



「そう、我慢しなさい」

その表情が気に入った私は、そう言う。

髪を掴むと奴隷は目を閉じる。

頬を叩く。

表情が気に入った褒美として。

奴隷はもちろん避けることすらしない。そのまま恍惚とした表情のまま受け入れる。




ふと昼間の奴隷の姿を思い出す。

紺のスーツを軽やかに着こなし、足元にはキャリーケース。

出張帰りの足で、そのまま待ち合わせに来ると言っていたから、仕事着のままだった。
姿勢がいい。

高い背筋を伸ばして立つ姿から、淫靡さは微塵も感じさせない。

待ち合わせ場所で、先に到着した奴隷は涼しい顔をして、携帯電話で話をしている。

相手に通じないことでもあるのか、何かを説明するその姿は、ビジネスライクな表情だった。




足先を脚の間にすべりこませ、弄ぶと、
もちろんそこは溢れるほど濡れている。

小さな声がする。

自分の心を見透かされる悦びか、それともじれったさからくる悦びか。

意地悪く、私は奴隷に命ずる。

「そこに立ち、じっとしてしなさい、動いてはいけない」

少し離れた場所に奴隷をおくと、そのまま私は奴隷を放置して鑑賞しはじめる。

奴隷は健気に、昼間と同様、背筋を伸ばして待つ。

違うのは、身体を捩りながら、

羞恥心にまみれた表情でいること。






さまざまなSMリンク集です FC2 Blog Ranking

感想等はこちら

ページトップへ戻る





  1. 2010/10/03(日) 19:03:29|
  2. SM|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

Sを愉しませるために

2010.07.18 Sun


もっと主人を愉しませたい、と感じているM女性は多いのではないでしょうか。

または満足してもらいたい。


悩んでいる方もいるかもしれませんね。


その解決策として「〜ができるようになればいい」というのが頭に浮かびますか?

たとえば、もっと痛みに耐えられるようになれれば、満足してもらえるかも…、等です。



確かにできることが多い奴隷は、それだけ愉しみも増えます。

私もできることが増えるような命令を出し調教をします。

しかし、このブログで何度も記しているように、

それは主従の一側面でしかなく、大切なことではありません。


私が思うに、
もっと主人を愉しませることが出来る、もっと大切なことがあります。



それはこころの感情表現です。


Sとは、奴隷の反応を見て愉しむ生き物です。

奴隷が身悶え、悦びの表情を顕わにし、

苦痛に必死で耐え、または甘い声をあげ、

はしたない言葉を口にするとき……

Sは微笑むのです。




調教中の反応は、無意識に出てしまうものだから、どうしようもない、と思われるかもしれませんが、

そんなことはありません。

普段は落ち着いた冷静な女性であろうとも、主従においては心を裸にされるのです。

今まで出したことのない自分を放出できるようになります。


じわじわと

奴隷の感情表現を開花させていくことも、私の奴隷を愛でる方法のひとつなのです。





さまざまなSMリンク集です FC2 Blog Ranking

感想等はこちら

ページトップへ戻る




  1. 2010/07/18(日) 23:41:32|
  2. SM|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

奴隷の価値

2010.05.04 Tue


前回同様、いただいたメールのお題からお答えします。

「奴隷の価値とは何か…」と言うことについて。

難しい質問ですが、

感じたことを記してみます。



まず

側にいてそっと仕えられる奴隷は、空気のようでいて、心地よいものです。

私がそういう感覚になるとき、まさしくそこには奴隷の価値があるような気がします。

M女性側からしても、主人にそっと仕えられる奴隷になりたいと思う方は多いのではないでしょうか。

何か大きな命令に従えた、ということはもちろんありますが、
自然な主従から得られる、ゆっくりとした時間は、
奴隷がいて初めて味わえるものです。



奴隷とそのような主従を築くには、調教が不可欠です。

おそらく主人は簡単なことから命令するでしょう。

奴隷を育てるには、ゆっくりと順序を追う必要があるからです。



ひとつの命令・・・どんな簡単な命令でも、それは一つの目標のために不可欠な命令。
少しずつ従っていくことが服従への道です。

そして一歩ずつ階段を上るごとに、

貴女は自分で努力した結果と、

それに対する主人の喜びようから安心や自信を得、

もっと服従したいと感じるようになるかもしれない。

気がつけば主の奴隷になっているのです。


その過程で積み重ねるやりとりこそが奴隷の価値の源泉になるのだと思います。

つまり奴隷の価値は、命令に従えているから生まれるものではありません。

その「存在そのもの」に価値が出てくるのです。




「空気のように絶対不可欠な存在になりなさい」







さまざまなSMリンク集です FC2 Blog Ranking

感想等はこちら

ページトップへ戻る

  1. 2010/05/04(火) 21:23:07|
  2. SM|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:16

主従の定義

2010.04.04 Sun

前回「このブログで読んでみたい話があればお聞かせください」とお願いしました。
メール・コメント下さった方、ありがとうございます。

具体的なSM的行為よりも、
主従の精神的な部分についてのリクエストが多いのが印象的でした。

今回はその中から、主従の定義について書いてみたいと思います。


さて

主従の定義・・と考えてみるに、
それがどういう条件で成立しているのか記すが良いように思えます。

主従が成立しているか・・していないのか、

そこには、はっきりとした境界があります。
そのときの条件が主従の定義と言えるのです。


それは二つあります。


では一つ目。

奴隷は主から与えらるものがあります。

それは安心感だったり、SM的な快楽だったり、充実感だったり、愛情・幸福感だったり、します。
もしかすると、言葉に表現的できない理屈ではない何かだと感じる方もいるかもしれません。

誤解を恐れず単純化して言えば、
奴隷が主人に「従う」のは、その与えられるものがあるから、です。

奴隷が主人の命令に、奴隷が好まない内容の命令でも喜んで聞き従えるのは、
それだけ奴隷が主人から与えられるものが大きいから、と言えます。

主人が奴隷に与えるものがない場合、奴隷は聞き従うことができるわけもありません。

また、
もし貴女が主人から与えられるものに満足できていない場合、
また貴女が自分の事ばかり考えている場合など、
心の中でどこか不満を抱えている場合、
主従関係は脆いと言えます。

ですから、主従の定義として、第一に「奴隷が主から与えられるものに満足していること」が挙げたいと思います。
(満足と書けば語弊があるかもしれません、感謝、ととらえてもいいでしょう)


二つ目。

奴隷は、主に仕えます。

この時、貴女は、奴隷にできる事が多いほど、価値がある奴隷である、
と考えますか?
〜できる〜できない、という価値観です。

もちろん私からしてできる事が上質なM女性ほど好ましいものです。

しかし調教とは、できないことをできるようにしていくものです。
それを躾け上げていくのが調教です。
その過程を好むのがSである私なのです。

すこしずつ自分好みに躾け上げる。
例えば、よりはしたない行為をできるように、より痛みを受け入れられるように。
礼儀正しい言葉をつかえるように。

ですから、できないことがあっても、価値が下がることはありません。

それよりも重要なのは「奴隷の仕えたいという真摯な気持ち」です。

この気持ちこそが、主従の二番目の定義です。

これがあれば、たとえ上手に仕えられなかったにせよ、
気持ちがある限り、調教を続くのです。

こうして一生懸命仕える奴隷を愛でることができるのです。

健気とも感じる、このM的な資質は、私が好むM女性の美点です。


今まで述べてきた二つ、

「奴隷が主から与えられるものに満足(感謝)していること」
「奴隷の仕えたいという真摯な気持ち」

この二つがM女性に感じられれば、奴隷側の主従が成立していると感じます。

これは本当に調教をするにあたって大前提、といえるようなものです。


ですが、主従の定義としては、この二つでは何か足りません。

なぜなら、ここに挙げた二つは、奴隷側の観点だからです。
そう、主側の定義が抜けています。


ではこの二つの定義の「奴隷」という部分を「主」に置き換えてみます。

「主が奴隷の仕えに満足していること」

「主が奴隷を所有したいという真摯な気持ち」

Sもこの二つを持っていることが重要ですね。

計四つの定義こそが、私の考える主従の定義です。

この四つが強ければ強いほど、主従関係は強固なものとなるのではないでしょうか。


もちろん現実の主従をみますと、この四つは強弱のついた状態で
調教が行われていく事になります。

最終的に二人の主従が理想的になればなるほど、
この四つの定義は強くなっていくのかもしれません。

ですから、主従の定義とは成長する定義と言えるのかもしれません。





さまざまなSMリンク集です FC2 Blog Ranking

感想等はこちら

ページトップへ戻る
















  1. 2010/04/04(日) 21:39:06|
  2. SM|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

貴女がMかどうか見分ける方法

2009.11.14 Sat



自分はMなんだろうか。

・・もしかしたらMかもしれない、と感じる女性は多いと思います。

気がつくと、はしたない行為を想像している自分。
主人に支配され、厳しく躾けられていることを想像してしまう。
全裸で首輪をつけられ四つん這いになっている自分。

でも、こういう妄想をしたからといって
自分が本当にMかどうなのか分からない・・。

SM的な行為を想像をするのと、現実に実行するのとでは大きく違いますね。
妄想は妄想かもしれない。


また、仮に誰かと主従関係を結んだとします。

自分のM性に主人は満足するのだろうか。
本当は自分はMではないのだとしたら・・

などと、不安に感じたりもすることもあるかもしれません。

自分がMであることが、
どのくらいの意味を持っているのか、

それは、悩みの種になることもありますし、
もしかすると人生を変えてしまうことすらあります。




私にとって、
相手がどのくらいのM性を持ち合わせているかは、もちろん重要です。

それを知るには、
心をさらけ出して会話を交わす事が肝要となります。

正確に自分の気持ちを表す必要があるのです。


その際、私が重視するのは潜在的なM性があるかどうかです

たとえば
現在、SM的な妄想をしたことがない女性でも
潜在的に素晴らしいM性をお持ちの場合があります。

逆にSM的妄想は多くとも、真にMではないケースがあるのです。



それを見極めるにはどうすればいいのでしょう。

一つのポイントがあります。
仮に精神的な部分と、性的な部分に
Mを切り分けてみましょう。

それぞれの具体的内容は言及しませんが、
結論を言うと、精神的な部分の割合が多い場合、真のMである可能性が高く感じられます。

行為とは精神的な衝動から起こるものです。

そのような精神的なM性が垣間見える場合、
SMをしなくても、痛いことをしなくても、ご主人様と呼ばなくても、
M性を発見し、強めることが可能です。

それはとても興味深い事であり、
なにもSMプレイをしたからといって、
女性が本当に奴隷になっていない場合があることの
真逆の真理です。





さまざまなSMリンク集です FC2 Blog Ranking

感想等はこちら

ページトップへ戻る














  1. 2009/11/14(土) 00:29:01|
  2. SM|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

オプティミスト ペシミスト

2009.08.11 Tue


後ろ向きな考え方は、圧倒的にためにならない。

たとえば、

どうせわたしは〜だから。

という思考パターン。

特に自分の変えようがない部分・・
例えば生まれつきのもの、育った環境、容姿、性格、に
後ろ向きは、さらに良くない。

私は〜だから、だめだ、という考え方が染みつくならば、
その後ろ向きな考え方が、表情から体調、そして人生の選択に至るまで
蝕んでしまう。


どうすれば良いのか・。

否定的な考えをして、
何か得をすることがあるか考えてみれば分かりやすい。

得があれば良い。

なければ答えは見える。

おそらく否定的な考えが役に立つのは、
物事を慎重に進めなければならないときだけだろう。



だが、時に後ろ向きになりたいときもある。

それはそれでいい。

一時それに浸ればいい。



FC2 Blog Ranking さまざまなSMリンク集です

感想等はこちら

ページトップへ戻る


  1. 2009/08/11(火) 23:37:45|
  2. SM|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

宗夜 -shuuya-

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Links



利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

 
close