& SM調教 本当のところ 200809
無料
エロ
動画

鞭と罰

2008.09.23 Tue

鞭を欲してしまうM性もあれば、そうでないM性もあります。

鞭を望む奴隷には、
痛み自体を悦びに昇華させるべく、躊躇なく鞭が与えられます。
罰としての意味が薄れるので、罰は他に用意されることがあります。

逆に鞭を望まぬ奴隷には、
ほんとうの罰として鞭は使われます。

与えなくてはならないから与えるのです。

ですが、私の鞭には躊躇が含まれています。

そんな奴隷の心情を記した一文を紹介します。




鞭は怖いです…  凄く…
痛くて 逃げ出したくなる・…
罰を戴く事は悲しい事です。 私が粗相をしたのですから。

でも心は凄く嬉しいと思っています。 私の為にしてくださっている躾です。

ご主人様は、鞭を入れてくださる事を喜んで入れてくださってるとは思っていないです。 
たぶん・・・  鞭を入れる事を時には悲しいと思われているのでは…? そう感じる事がありました。 私がダメな子だから・・・  けど 諦めずに私を躾てくださる。そのお気持ちが嬉しいのです…

お受けしたい。 きちんと罰をお受けしたい・・・  そう思っています

肉体的な喜びはまだ 私は余り知らないかもしれません。
けれど 精神的な喜びは良く知っています。 
そうでなければ奴隷としてお仕えしようなんて思いません。

痛いことだけをされて喜ぶのなら 相手はどなたでも良いと思うのです。 
私は 私を愛してくださっているかただから 
私が愛しているかただから 痛くて辛いお仕置きも嬉しいと思えるのです




さまざまなSMリンク集です

ページトップへ戻る

  1. 2008/09/23(火) 21:39:37|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

重い・重くない

2008.09.14 Sun


男性に尽くす女性。

こんなにも愛しているのだから、と、あれやこれやと尽くす。

特にM女性が、
主人がどんなことを考え、望んでいるのか察知し、
それを叶えたいという気持ち。素晴らしい資質だと思う。

もしかして迷惑がられないだろうか、と不安になりながらも
仕える喜びを得たM女性は幸せである。


だが、そういう「尽くし」が重いと感じられたら嫌だと思う女性も多いはずだ。

重い・重くない。

その差はどこにあるのか。
(よく訊かれる質問だ)


それは至極シンプルな法則。

例えば、貴女は主人に奉仕したい。
でも本当にその奉仕を主人は望んでいるのか。考えたらよい。
本当は自分が奉仕したいだけではないのか。

男の喜びそうな事、気遣い、そういったことを
一生懸命しているつもりでも、
それが相手の希望に沿わなければ、意味がない。

「尽くし」は一見理想的な行為である。
だが、主人が望んでいない「尽くし」は自己中心的だ。
だが、なかなか本人は気づいていないのが難しいところだ。


こんなに愛して、尽くしているのに・・
いつのまにかうまくいかなくなる・・

なんで私の気持ちをわかってくれないのだろう・・


そんな女性は、本当に相手の気持ちを理解し、相手の立場に立っているか
考えるとよいのかもしれない。

相手の気持ちを理解しようとしない「尽くし」は
本来は愛情と言えない可能性がある。



FC2 Blog Ranking

感想等はこちら

ページトップへ戻る


  1. 2008/09/14(日) 01:56:22|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

プロフィール

宗夜 -shuuya-

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Links



利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

 
close