& SM調教 本当のところ SM
無料
エロ
動画

ナルシストなM字開脚

2013.04.18 Thu




女を一人がけのソファの前に立たせる。

黒い革張りのどっしりとしたソファだ。
座面に奥行きがあり、幅広の腕置きがある。


座るよう命ずると、
女は礼儀正しく返事をして、言われた通り、そこに座った。

身体には何一つ身に纏ってはいない。
スレンダーな肢体から長い脚が伸びている。

私はそのまま深く腰掛けるように、命じた。





「脚を開け」

おずおずと長い脚を開く女。剃り上げられた陰部が次第に顕わになってくる。

「足をソファにのせて開くのだよ」

いわゆるM字開脚のポーズをとらせると、はっきりと女の恥部が晒しきった状態となる。

緊縛ではなく、自分で自分の脚を開かせると、女は羞恥のあまり、声を上げながら、顔を私に背けた。

固定するのも良いが、自ら開かせるのは自分の意志があるから、また違った羞恥となる。

その横顔は、恥ずかしさのあまり私を見ていないが、性器は私に向かっている。





「私はナルシストだと思います・。

自分で自分の姿を見るのは好きですし、

実は、綺麗に撮れた自分の写真も、飽きずに眺めてしまいます」


女がそんな事を言っていた事を思い出す。

どこかで、M女性はナルシストだ、
と見聞きすることもあるが・、

どうなのだろうか。

自分の外見に自信があるからこそ、はしたないポーズをとることに悦びを見いだすのだろうか。





さらに命ずる。

「自分の手で性器を両側から開きなさい」

女は躊躇った。また声にならない声をあげる。

「・・・」

観念したかのように、ゆっくりと太ももと脚の間から手を差し込み、少しだけ陰部を開く。

「よくみえないな」

「・・」

淫靡なものが姿を現す。奥まではっきりと見える。


しばらく黙っていると、
女が途切れ途切れに言った。

「はしたない奴隷のお○○○、どうぞご覧下さいませ」

性器から溢れ出てきてくる液体。

女は激しく悦んでいた。






ナルシストなら、自分の外見が好きで、自信があるのは当然だろう。

綺麗な外見を汚されるから、被虐が生まれても良さそうなものである。



しかし本当にそうなのだろうか。

M性とは表面的なナルシズムから生じない。もっと内部から湧き起こる場合が多い。


もしかすると、
女が自信を持っているのはあくまでも外見だけ。
自分の中身に自信が希薄だからこそ、辱めを受け、M性が育まれる・。


被虐は、その自分自身を底から晒し出すことを要求する。
支配に心を奪われてしまうのは、外見ではなく、中身に対する自信と関係している。

M字開脚は、服従しなければ到底できない、行為の一つ。

服従して心を解放するからこそできるのかもしれない。








FC2 Blog Ranking

ページトップへ戻る











  1. 2013/04/18(木) 00:38:16|
  2. SM|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:10

奴隷は不自由?

2012.02.25 Sat

SMにおける「自由」について考えてみたいと思います。



「自由とは・

 他のものから拘束・支配を受けないで、そのもののあるがままにあることを言う」

という定義があります。



ですからSMにおける奴隷とは「自由でない」立場だといえます。



主人に全てを支配され、

全てを差しだしている。

不自由だからこそ得られる悦びを知っているのが奴隷です。


緊縛とは、もっともそれを象徴している行為でしょう。

固く身動き取れない状態に縛られている奴隷は、自由ではありません。

命令もそうです。貴女は、どんなに恥ずかしい行為であっても、頭を垂れ主人の命令に従う。
自由に振る舞うことは許されません。絶対服従こそが貴女の心の中を熱くさせます。

不自由こそが悦びの源泉なのです。



反対にSとは自由な立場だと言えます。
自分の意志をストレートに表現し、エゴイスティックな行為を奴隷に要求します。

奴隷にもっと恥ずかしい想いをさせるには、どうすればよいのか。

奴隷を成長させるにはどうすればよいのか。

常にそういう事を自由に考えています。
己の力の限り先を見据え、無数の選択肢から何かを選択する。

そういう事が苦にならない、自由を愉しめるのがSなのです。


このように主従関係というものは、

基本的に「自由」と「不自由」という構図の元、成立しています。



ここで大切なのは、
「不自由」あるからこそ、主人に仕えるよろこびがあり、

反対に「自由」を求めるならば、
奴隷は自分で自分の首をしめているようなもの・・ということです。

つまり、
Mの自由は、自己否定に繋がる可能性があります。

M女性も人間ですから、稀にそういう気持ちになることがありますが、
はやめに解決すると良いでしょう。



不自由な中でしか存在しない悦び、というのは、

よくよく考えると非常に興味深いことだと感じます。

不自由になればなるほど、悦びが増えるのですから・。





さまざまなSMリンク集です FC2 Blog Ranking

感想等はこちら

ページトップへ戻る























  1. 2012/02/25(土) 23:54:10|
  2. SM|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:10

性的倒錯 自己犠牲的

2011.09.19 Mon




女の身体はいつもより熱を帯びており、肌にはしっとりと汗をかいているようだった。

私が裸体に触れると、体温が高く、さらに少し震えていた。

女はもちろん風邪をひいているわけでもなく、

事実、先ほどまで健康的な笑顔で、私と会話していた。



「怖いか」

女はその問いに、かろうじて小さく頷く。

無理をした微笑をして。



その心は、今、たくさんの感情で渦巻いている筈だった。

様々なSM的行為に耐えられるのかという怖さ。

自分が果たして本当に奴隷のつとめを果たせるのか、という不安。


ひょっとすると、私の存在そのものの重圧を怖がっているのが一番の原因かもしれないし、

これからどこまでも堕ちていく恐怖と対峙しているのかもしれなかった。

何故自分の身体が、経験したこのない反応を示しているのか途惑い、そこに怖さを見つけたのかも知れなかった。




しかし、そんな女の様子を見て、

私が女に優しい言葉をかける、

それを和ませてやろうと考えたとしても、そんなことは、まるっきり無意味だ。

その緊張が本質的に和らぐことはないし、
私と、その女の関係は、そんなことを根本に据えているのではない。




その女は私に優しさを求めていたのか?

女は恐怖を欲しっていたのだろうか?


その両方とも答えは「否」だ。




女と私の価値観は一致している。

なぜなら、同様な事を私も感じるからだ。

私も怖さを与えたいのでもないし、
優しさを与えたいのでもない。

それらは結果的に生じるものに過ぎない。



真実とは、

恐ろしさの元、女が私にカラダを差し出す行為自体にある。

気持ちにある。

それが二人の関係性の全てを物語っている。

自己犠牲的な心の高揚。



身体が熱を帯びるほど、
様々な怖さを感じる相手に、

自分の最も弱い部分をさらけだす女が、どこにいようか。

それが、私のその女を所有したいという感情の根を張らせている。

すなわち、

女をもっと奴隷したいと、強く感じるようになるのだ。





さまざまなSMリンク集です FC2 Blog Ranking

ページトップへ戻る
































  1. 2011/09/19(月) 03:09:17|
  2. SM|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

床の上

2011.08.16 Tue


床を好む奴隷は多い。

床の上で繰り広げられる行為が調教と言っても良いかもしれない。



そこは正座する場所であり、

自分の裸体を晒して、
時には性器を露出させている様子を上から見下ろされる場所だ。

快楽のあまり惚けた表情で、液を床に滴らせている様子も、
身体をくねらせ、奴隷言葉を口にしながら悶える姿も
全て床の上で繰り広げられる。

時には、オーガズムに失神している様子も・。


その様子は、すべて主人に冷静に見下ろされている。

みおろされている、とも、
みくだされている、とも読める歓びだろう。


調教当初は何も分からず、私のいるソファにあがって甘えようとした奴隷であろうとも、
躾けをすすめていくと、その居場所の規律に従うようになる。


たとえば奴隷は主人の足元で、食事を与えられる時がある。

もちろんフォークやスプーンなどない状態で、皿が床の上に置かれ、犬のように口で食事することを命ぜられる。

普段、レストランで食事を楽しむ女性が、
ネックレスのかわりに首輪をつけ、四つん這いになって食事とはいえない餌を与えられる。

通常の女性なら、辱めの極みだ。

しかし、床の上にいる奴隷は、興奮しているように見える。

いや、はっきりと性器を濡らしながら食している。




床という物理的な場所の上で繰り広げられる調教には、記号的な意味合いがある。

つまり主人よりも下。

自分の置かれている立場。

身分。

奴隷はその場所こそが、自分に相応しいと本能的に理解するのか。

自分の心の中を代弁している、と感じるからこそ、奴隷は心を落ち着かせることができるのかもしれない。



床は奴隷にとって、そこにいるだけで安心する場所であり、

主従における「自分の居場所」になりうる、

主人を見上げていたい気持ちが生まれる居場所だ。









さまざまなSMリンク集です FC2 Blog Ranking

ページトップへ戻る


















  1. 2011/08/16(火) 23:49:06|
  2. SM|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:17

主人と奴隷の距離感とは

2011.07.04 Mon



ある初心者のM女性から、主人と奴隷との「距離感」について話が聞きたい、というリクエストがありました。


「距離感」というのは、主人と奴隷との関係性の事です。

普通、SMというのは主人との間に距離がありそうな雰囲気があります。

主人の懐には、容易に近づいていけないような気がするかもしれません。


でも、おそらく質問したM女性は、主人との距離を縮めたいと考える筈です。

主人に少しでも近い存在でありたい、と思っているからです。

しかし、主従関係では絶対的な身分が違うのだから、距離を縮めるのは失礼になってしまうのではないのか・。

そもそも主人が好まないかもしれないし、

奴隷は奴隷であって、主人から「距離感を縮める必要などない」などといわれれば、それが正しいようにも感じてしまうのです。

でも、それで心の支配なんて、可能なのかどうか・。信頼関係はできるのか・・と考えてしまう。

結果、良く分からなくなってしまいます。






さて、

この話が、良く分からなくなる、矛盾を孕んでいるように感じるのは、実は、言葉の定義が明確に示されていないからです。

つまり「距離感」とは何を指し示すのか? ということ。

これをクリアーにすれば、答えを導きやすくなります。




「距離感」には2つの意味があります。

1つめ。

「接し方の距離」

2つめ。

「心の距離」

このように分けることで、いくらかすっきりと考えを進めることが出来ます。



結論から言えば、私は、主従関係において、主人と奴隷との間には、距離感が必要だと考えています。

つまり二人の間には厳格な、一本の線が存在するのです。

奴隷は主人に躾けられ、馴れ合う存在ではありません。

態度や言葉遣い、気持ち、全てにおいて服従し仕えている存在だからです。

奴隷は、主人に接する際に、ある一線を越えては絶対にいけません。

当たり前のことですね。


しかし、

私が言っている距離感とは「接し方の距離」です。

「接し方の距離」が広くても「心の距離」をあける必要がない、というのが、私の調教なのです。

つまり、愛情、信頼関係の強さは、「接し方の距離」によって損なわれないということです。

むしろ、逆に強まります。



具体的な例を書きましょう。

私は奴隷に「」を行います。

主人に仕えるための様々な礼儀作法を躾けるのです。

調教時はご挨拶から始まって、たくさんの礼儀作法があります。

〜してはいけない。・・〜するときは、〜しなさい等、多岐にわたるでしょう。

与えられたものに感謝する気持ちなどもそうです。


どうして躾けるかといえば、奴隷をより支配し服従させ、愛でたいからです。

しかし同時に、躾によって二人の「接し方の距離」は広がります。「心の距離」を縮めるために、です。

厳格な支配の元に交わされる深い関係ほど、悦びをもたらすものはない、ということを貴女が一番知っているはずです。

それこそがSMだからです。

奴隷は、躾けられるにつれ、多くの悦びを感じることでしょう。

より深い関係を築きたいから、「接し方の距離」を保っているのです。


私は奴隷が「接し方の距離」を厳密に守れば守るほど、奴隷の事を好ましく感じます。

自分を律して私についてこようとする奴隷は貴重です。

そういう奴隷こそ、真に大切にすべき存在だと常々感じています。





(ちなみに、この「距離感」という質問の答えは、Sによってかなり考え方のバラつきがあるように感じます。
心の距離を重視されていないSも多くいます。良い悪いではなく、その場合、私の意見とは違った結論になります)





さまざまなSMリンク集です FC2 Blog Ranking

ページトップへ戻る

















  1. 2011/07/04(月) 21:10:39|
  2. SM|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:8

五感を刺激すると

2011.06.10 Fri


五感とは、調べるに

目・耳・舌・鼻・皮膚を通して生じる五つの感覚。視覚・聴覚・味覚・嗅覚(きゆうかく)・触覚。

とあります。


この感覚を先鋭にする事と、貴女のM女性としての悦びは密接に結びついている・・。

そのことを貴女は考えたことがあるでしょうか。




視覚。
とは、主人の姿を身体を存在感を感じ取るのに使います。

貴女の目に映っている光景はどんなものですか。視るのも恥ずかしいですか?

視線を感じれば身体がすくみ上がりますか。
主人を見上げるだけで身体に変化があるかもしれません。

もしくは鏡に映った自分の姿をどう捉えるでしょう?

視る力で新しい感情をすくい取るのです。力が増えるほど、新しい感情が芽生えます。



聴覚。

主人の声を聴く。

静かな命令。叱責。甘い囁き。

怖い音。鞭のしなる音。

どれもが刺激的な音だと思いませんか。その音が貴女をどこかに堕とします。


味覚。

貴女はきっと奉仕しているときの味が好きに違いありません。
主人のどんな部分であっても激しく心を揺さぶられる味がするのではないですか?

舌を鋭敏に働かせるのです。舌から脳へ。



嗅覚。

主人のカラダのどんな匂いに、何を感じますか。
その匂いから何を想像しますか。

匂いだけで、貴女の身体に変化が顕れるのではないですか。
身体だけではありません。

縄や皮の匂いから、心のどこかが締め付けられるときもあるはずです。



そして触覚。

許しを得た上で、主人に触れる機会になにを思いますか。
手から、もしかすると舌から、そして性器で触れる機会。

熱く脈をうつ性器、筋肉質な腕、繊細な手。
主人の足でさえ、指先を通して感じる触覚に、いままで経験したことのないものを得るかもしれません。



このように貴女が五感を研ぎ澄ませば、それだけ心のなかに、カラダ中に、悦びがあふれ出ます。
それだけに五感を開発することは調教の要です。

「〜を見なさい」「〜を聴きなさい」「〜を味わいなさい」「〜を嗅ぎなさい」「〜を触りなさい」

最もシンプルな命令ですね。



女性が五感を存分に働かせている様子を見るのはよいのものです。
そんなときのM女性は、生き生きと美しくなります。

それが、結果として、
Sの五感を楽しませる事となり、返ってくるのです。




さまざまなSMリンク集です FC2 Blog Ranking

ページトップへ戻る




  1. 2011/06/10(金) 00:11:47|
  2. SM|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:9

出会った瞬間

2011.05.03 Tue

実際に出会った瞬間に、主と従の関係が成立してしまう。

それは直感。

目を見て話したその瞬間に、主従を確信する。

そうでなければ、SMなどできるものではない。



メールや電話といった顔の見えないやりとりを通して・・

調教を通して・・ゆっくりと主従関係を深める・


それは事実、その通りなのだが、

実感としては、やはり会った瞬間に全てが決まる場合が多い。



M女性の瞳をのぞけば、その奥に服従の色が見え隠れし、

もはや言葉を交わす前に、契約が成立してしまう。

「この女なら、奴隷にしたい」


強い確信。

運命的なものの占める割合は、主従の場合、ことさら多い。



貴女もそうなのではないだろうか。

それを切望しているのではないか。


そういう主人に巡り会ったか、これから出会うのか分からない。


しかし主従を誓う相手には、

そのくらいの直感を感じ取らなければ、服従できるものではない。

貴女は拘束されるのだから。



一瞬にして魅了されてしまうほどの力を、Sから感じとる、その時を待つのです。

切望すれば、自ずと道は開ける。









さまざまなSMリンク集です FC2 Blog Ranking

ページトップへ戻る



  1. 2011/05/03(火) 23:34:41|
  2. SM|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:12
次のページ

プロフィール

宗夜 -shuuya-

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Links



利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

 
close