& SM調教 本当のところ 調教
無料
エロ
動画

許しを乞う

2010.08.22 Sun

「申し訳ありませんでした…ご主人様」

悲痛な声で言うと、正座し頭を下げる奴隷。
沈黙の時間。

どうして命令に従うことができなかったのかを問うが奴隷は息が詰まり答えられない。
頭を下げているからその表情は見えない。

泣いているのか。

「お許しください」

沈黙の後、奴隷は言った。



命令が日常生活に紛れ込むことがある。

大きな命令ではなく、確かに些細な命令。

だが、命じられたことの大小に関わらず、
それを真摯に受け止められる奴隷は貴重だ。

何故なら、
それが見逃されれば、少しずつ主従が崩れていくから。

厳格な主従関係は日常生活に埋もれやすい。

奴隷は緊張感を持って主人に接するべきだ。


甘えるときは甘えればいい。

ただしそれは許しを得たときだけ。



「顔をあげなさい」

奴隷は、罰を受ける事になる。

「罰をお願い致します」

もちろん自ら願い出て。

命令をうまく出来なかったことは重要ではない。

非を認め、罰を受けることが重要なのだ。

そのときの奴隷の気持ちは、きっと私に伝わっている。



このプロセスが調教。


さまざまなSMリンク集です FC2 Blog Ranking

感想等はこちら

ページトップへ戻る
  1. 2010/08/22(日) 00:28:52|
  2. 調教|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

愛されたい

2010.06.27 Sun

愛されたいっていう感情は、誰でも思う普通の気持ち。

主人から愛されれば、
もちろん、安心できるし幸せを感じることができる。

しかし、その「愛されること」を目的に主従をしてしまうと、困ったことが起きやすい。


結論から言ってしまえば、

愛されたいから奴隷になる、命令を受け入れるという構図は、間違っています。

「愛されたい」度合いによっては・・結果として、本人が苦しみ悩む傾向があります。

これはSMに限らず普通の恋愛でも同じことが言えます。



例えば

主に対し不満がたまりやすい。

いらいらする。

過剰に不安になる。

などの症状があれば、愛情が目的化されているかもしれません。



これを難しく言えば愛情の受動と能動の違いと捉えることが出来ます。

(参考記事)

私が奴隷を調教するとき、
奴隷から「愛されたい」と思って調教していたらお笑いだと思います。

奴隷を調教するのは「愛す」からなのです。

これは能動的な感情と行為です。


もっと一般的な例えで言えば、

母親は子供に愛されたいから、子供になにかしてあげるわけじゃない。

単に「愛する」だけです。


それに愛される事を目的に、何かする女性は、
不幸になる可能性が高い。

しかもそれは一生続くような性質を持つように感じます。

いつか気づかなければならないことです。気づいて欲しい。


でもそれができないM女性も多いのも事実。

だからこそ調教があるのです。


最後に。

「愛されたい」と思うことが間違っているのではありません。誰でも思います。

ですが、その受動的感情に心を支配されてはいけません。



さまざまなSMリンク集です FC2 Blog Ranking

感想等はこちら

ページトップへ戻る



















  1. 2010/06/27(日) 02:26:01|
  2. 調教|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

足で踏む

2009.06.28 Sun

正座し詫びる奴隷の頭を踏む。

特に自分の立場をわきまえていない奴隷が
謝罪しているときにそうする。

頭頂部を踏むと奴隷の額は床に押し付けられる格好となり、

犯した罪は、
額を床に触れる程度では許されない事実が
奴隷にはっきりと伝わる。

その時のSの心境は?

奴隷にそれが必要だと感じたから与える。

頭を踏んだからといって、
私の気がはれる、という性質のものではない。



一方で、謝罪と関係ないところで足を使うことがある。

奴隷が床で身体を身悶えさせているとき、
顔を横に向かせ頬に対して。

それは私がそうしたいからする行為。

楽しむためにする。

それにより奴隷のなんとも言えぬ表情を見ることができる。
それは恍惚の表情。

奴隷は自分の立場を再確認し、その立場に没入する。


私側からすると、
女性の美しさは顔に集中しているがゆえ、
美しさの源を辱める行為こそ、好むところだ。

頬を叩くのも、イラマチオするのも、
顔が見えるという点で、
それと似た感触がある。

自分の役割を心得た奴隷は愛らしい。

物理的な行為よりも、
その表情や、その背後にある感情を楽しむのが、
私の嗜好だ。






FC2 Blog Ranking

感想等はこちら

ページトップへ戻る









  1. 2009/06/28(日) 01:46:16|
  2. 調教|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

節度

2009.03.07 Sat

奴隷は主人に接する際、「節度」を持つべきです。

例えば、
貴女のご主人様はとても優しい。
主従関係とはいいながらも、ある程度、貴女の要求を受け入れてくれます。

貴女は、それに乗じて自分の要求の度合を深めていきますか?
優しいから、つい、わがままを言ってしまいますか?

それとも節度をもって、奴隷としての自分の立場をわきまえ、
自分で自分をコントロールしますか?

これが節度だと思います。

節度は、躾けることが難しいものの一つです。

節度を知らぬ女性は、自分の欲求が通らぬ場合、いとも簡単に不満を募らせるからです。
その不満に対して、簡単にその不満を解消してやる主人は愚かです。


たとえば考えるヒント。

普段の調教ルールからあり得ないことを
何かの褒美として奴隷に与えることがあります。

「〜をして良いよ」

奴隷にとって、とても嬉しい言葉。

貴女ならどうしますか。

もちろん、主人の気持ちを素直に感謝して受け止めてもよいのです。

ですが、お気持ちだけで嬉しいです、と言える奴隷は節度を知っています。




FC2 Blog Ranking

感想等はこちら

ページトップへ戻る





  1. 2009/03/07(土) 22:52:07|
  2. 調教|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

わがまま

2008.01.06 Sun

更新がずいぶんとあいてしまいました。
単に仕事に使う時間が、とても多くなってしまっただけなのですが、
結果的にSMの事を考える時間がとれませんでした・。
今後も変わらず更新できるといいな、と自分で願いつつ、
みなさま、本年もよろしくおねがいします。

さて

自分は我が儘だと思う方はいますか。
分かっていても、つい駄々をこねたり、不満を漏らしたり、要求したり・・。

それが主人の許容範囲内で収まっていれば問題ありませんが、
自分自身でも、我が儘とどう付き合ってよいか分からない方もいるかもしれません。

また、それが原因で主人をよく困らせている、と自覚している場合もあるでしょう。
もしくは、自分が正当な事を意見しているのに、主人は受け入れてくれないと、
我が儘を自覚していない場合もあるかもしれません。
特に寂しいという気持ちから生じる我が儘は
非常に多く感じます(寂しいという気持ちには嘘偽りがないのですから)。

しかし、そのようなM女性は大抵、
厳しく自分を律して欲しい。躾けて欲しい、とも、感じているものです。



では、我が儘を治すには?

Sの圧倒的力で、ねじ伏せらるように調教されるべきなのでしょうか?

それとも、我が儘言う自分が悪いから我慢すべきなのでしょうか?


二つとも違います。

そしてよくある答えは、愛情でしょうか。
愛情で満たされ、安心すれば、我が儘いわない、というもの。
異論あるかもしれませんが、これも違います。

ではどうすれば良いのか。

この解答こそ調教・躾のポイントのひとつだと考えます。
私も日々模索しています。




さまざまなSMリンク集です

ページトップへ戻る







  1. 2008/01/06(日) 23:03:16|
  2. 調教|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

麻奈 〜挑戦的

2007.08.23 Thu

麻奈は自分の思った事を瞬間的に口にする女性だ。
その言葉はストレート。

「S女にみられる」という麻奈の言うとおり、言動を見ている限りSぽく感じられる。
瞳の奥を覗いてもM性は感じられない。

言葉に力があるから、過去付き合った男性は大抵の場合、その言葉を信じ従う。
男性が依存しやすい女だった。
男は彼女の言動に右往左往させられてしまう。

M女性である事を知らなければ、強い女性に見える。
それが麻奈だった。


しかし麻奈は少し自信がないようだった。
男性にとって強すぎるため、「手に負えない」部分を持っているからだ。
本当は支配されたいのに支配されないジレンマ。

それだからだろうか、私に対して挑戦的だった。
私に屈服しないことを前提に話しを進めてくるのだ。
やたらと突っかかってくる。

それは自分の「手に負えない」部分を全て晒して、
私が降参することを望んでいるようだった。

しかしその挑戦は、何かを代弁しているように見える。

麻奈は、深く服従する可能性を秘めているのだ。





様々なSMリンク集です
女性に贈るSMランキング

ページトップへ戻る








  1. 2007/08/23(木) 00:23:09|
  2. 調教|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

2つのSMタイプ

2007.08.03 Fri

調教してもらって、いろいろな行為をしてみたい。
普段ではできないような恥ずかしい命令をされたり、縛られたりして
経験したことのないような快楽を味わいたい。

こういう想像したことのある方は、きっと多いと思います。
誰しもMな部分を持っているのですから。

でもSMには2つの種類があります。少し想像してください。

一つめ。

主人は、時には優しく、時には厳しく、奴隷のために調教します。
そしてM女性を辱め快楽へ導くことを楽しいと感じます。
奴隷は主人に、ある意味尽くされています。
奴隷の快楽が調教の中心にあります。


二つめ。

自分の快楽は後回しで
主人の好きなようにしてもらいたいというM女性もいます。

主人を愉しませるために調教を受ける。
そして快楽は結果的に与えられるものだと。

事実、主人は奴隷の身体を使い愉しみます。


どちらが良い悪いではありません。
貴女はどちらのタイプに近いでしょうか。






さまざまなSMリンク集です

感想等はこちら


ページトップへ戻る









  1. 2007/08/03(金) 00:46:09|
  2. 調教|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7
次のページ

プロフィール

宗夜 -shuuya-

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Links



利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

 
close